きらめきブログ

コロッケづくり

 今日は、入居者様と夕食のコロッケを一緒に作りました。

 

 男性も参加され、皆から「上手ね。」と褒められると嬉しそうにされていました。出来上がったコロッケは、厨房であげて夕食に提供します(^_^.)

養護老人ホームについて②

 それでは、養護老人ホーム入所要件について説明します。65歳以上の高齢者で、次の要件を満たす方が対象となります。 

1.環境上の事情による場合 (1)日常生活に支障があり、かつその者の世話を行なう養護者がないか、又あっても適切に養護が出来ないと認められる場合 (2)家族又は家族以外の同居者との同居の継続がその者の心身を著しく害すると認められる場合 (3)住居がないか、又は住居があっても狭あいであり環境が劣悪な状態にあるためその者の心身を著しく害すると認められる場合

2.経済的事情による場合 (1)生活保護法による保護を受けている世帯に属する場合 (2)その者、その者の属する世帯の生計中心者が地方税法に規定する市町村民税の所得割を課されていない者である場合 (3)災害の発生により所得の状況に著しく変動がある等のため、その者の属する世帯又はその生計中心者が(1)又は(2)に相当する状態にあると認められる場合 となっています。

 置かれている状況はお一人おひとり様々ですから、入所対象になるかどうかはお住まいの市町村へお問い合わせいただければと思います。それでは、次回は、入所料金及び宮崎市にある養護老人ホームについてご説明いたします。

養護老人ホームについて①

 以前にも掲載しましたが、年も明けたということで(^_^.)改めて養護老人ホームについての説明をしたいと思います。

 まず、養護老人ホームとは、おおむね65歳以上の方で、経済的な理由および環境上の理由により、居宅での生活が困難な方の入所施設です。入所者の要介護ニーズについては、介護保険サービスにより対応することが可能であり、入所者が自立した生活を営むことができるよう支援、社会復帰のための助言・指導を行うことを目的とする施設です。

 相談から入所までの流れは次のとおりです。 1.相談 2.申請・面接 3.入所判定委員会(検討・判定) 4.施設面接 5.入所 ※相談から入所までの期間は、調査や判定、その後の入所待ちの期間により異なります。

 それでは、経済的や環境上の理由はなんですか?と思われるでしょう。それは、次回のブログでご説明いたします。

墨遊塾

 書初めを行いました。

 実施日が10日だったので“10日えびす”の文字を書かれる方が多くいらっしゃいました。熱心に何枚も練習されており、完成した作品は、どれも味のある良い作品でした。(写真を撮り忘れてしまいました(+o+))

カラオケクラブ

 今年の歌い始め“カラオケクラブ”を実施しました。

 皆さんの持ち歌を2,3曲づつ歌われました。好きな歌を歌い、終わった時には、皆さん満足げな顔をされていました(^_^.)

 

仕事始め式

 今日は、江田神社金丸宮司様にお務めをお願いし、仕事始め式を行いました。入居者様も参加されます。また、入居者相談員の泉さん、日高さんも参加して下さいました。

 社会福祉法人日向更生センター 黒木常務理事より新年の挨拶があり、その後、金丸宮司様による新年祈願祭を執り行いました。 この行事が終わると今年がスタートするなという気持ちになります。今年も1年、職員一丸となって様々な事に取り組んで参ります!

 

運営会議

 月初めでもあり、年明けの運営会議を開催しました。 施設運営に関する重要事項を協議します。

 今月は、宮崎市による指導監査が行われます。私たちの事業は、公的な資金により運営されているため法令遵守は当然の事、適正な運営が求められます。当施設は問題はないのですが、この指導監査を自分たちが普段頑張っている努力を評価して頂ける場として捉え受けさせていただいています。

 きちんとした評価を頂き、入居者の皆様が今以上に安心して生活できる施設を目指して参ります。

初詣①

 今日は、初詣に行ってきました。

 江田神社、一ッ葉稲荷神社の2社参ります。

 今年1年の健康、長寿を祈念しました。「昔は夜中に参ってたがね。おみくじ引いたら大吉だった!」等々入居者様も大変喜ばれていました。

七草粥

 七草粥は、人日の節句(1月7日)の朝に食べる風習があります。春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って食べられるそうです。祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われているそうです。

 皆さんも食べられましたか?明星園でも今日の朝食で召し上がっていただきました。

 手前味噌になりますが、自宅でもなかなかできない四季折々の行事や食事が出来ることは幸せなことだと感じます。在宅での生活もいいのですが、施設の生活もいいなと感じた朝食の風景でした。

みかん湯

 明星園では、お正月三が日はゆっくりお過ごしいただき、今日が初湯でした。

 入浴も入居者の皆さんに楽しんでいただこうと四季折々に合わせて趣向を凝らしています。

 今回は、初湯に合わせて“みかん湯”を楽しんでいただきました。

 みかんの皮には、「リモネン」という精油成分が含まれており、お風呂に入れることで成分が浸み出し、その酸化防止効果によって、美肌美白作用があるそうです。肌をすべすべのなめらかにしたり、肌のかゆみを防ぐという美容効能もあるとか。また、リモネンには血行促進作用や保温作用があり、身体をポカポカにして湯冷めを防ぎ、寝付きをよくする作用や風邪を予防する効果があります。みかんの皮に含まれる「ヘスピリジン」には、喘息やアトピーなどのアレルギーを改善する効果もあるのです。さらに、ビタミンCやクエン酸も豊富なので、ニキビ肌荒れを治し、体臭を消す効果があります。柑橘類の爽やかな香りにはアロマテラピー効果があり、ストレス解消やリラックス作用もあるのがうれしいですよね。

 入居者の皆さんも「いい匂いだった。温まりました。」と大変喜ばれていました。

イルミネーション設置

クリスマスも近づき、入居者の皆様に少しでも気分を味わっていただきたいと思い清流園の中庭をイルミネーションで飾り付けました。

今年も残すところ10日となりましたが、クリスマスが過ぎたら正月飾りもしなくてはいけませんので、これからが年末本番といったところです。入居者の皆様とともに病気や怪我なく無事に新年を迎えたいものです。

園内研修(吐物処理)

忘年会も無事に終了してほっとするのも束の間で、感染症の流行が始まる前に「園内研修(吐物処理)」を実施しました。

ノロウィルスによる嘔吐を想定して、感染拡大防止及び自己防衛のために実技を交えた研修会を実施しました。

詳細な手順につきましては、事業所ごとにマニュアルがあるかと思いますので割愛させていただきますが、大事なことは「直接触れない」「周囲に人を近づけない」「消毒液の適切な使用」「汚染物の密閉」です。全職員で施設の感染症予防に努めていきたいと思います。

清流園忘年会②

第二部は食事会です。バイキング形式で皆様の好きなものを好きなだけ食べて頂きました。

天ぷらとお寿司も実演にて提供させていただきました。

忘年会らしく賑やかな雰囲気の中で皆様にも大変満足していただけたようでした。

満足な笑顔です。お料理も様々な種類の物を準備させていただきました。今年も残すところ2週間ほどとなりましたが、入居者の皆様に「今年も良い年だった」と言っていただけるような忘年会になったかなぁと考えながら後片付けをしました。

清流園忘年会①

本日は清流園に入居されてる皆様の忘年会を実施しました。

誕生会では入居者の皆様に出し物を披露していただきますが、忘年会では毎年職員が出し物を披露させていただいております。こちらの皆さんは介護士さんと看護師さんです。

こちらは事務所の皆さんです。入居者の皆様に喜んでいただけるならと恥もプライドも捨てて披露させていただきました。

入居者の皆様にもカラオケを披露していただきました。第一部は盛況のうちに終了し、職員一同ひとまずほっとしたところでした。

焼き芋会

本日は、先日収穫したサツマイモで焼き芋会を実施しました。まずは洗い方です。今日は小春日和で暖かく、入居者の皆様にも手伝って頂きました。

知らずしらずのうちに皆様集まってきました。何気ないことですが、こんな時に清流園で働いていることの喜びを感じます。

清流園の焼き芋会は社協さんから焼き芋用のドラム缶を借りて実施します。一つひとつの芋に針金を刺して吊るしていきます。

毎年の恒例行事なので、皆さん職員以上に慣れています。炭火でじっくり40分ほど火を通します。

本日の皆様のおやつがかかっていますので、味見も何人もで何回も入念にしました。焼き上がりの写真を撮ってなかったのですが、どれもいい具合に焼き上がり、甘くて、ホクホクで今年は大成功だったのではないかと思います。来年はこっそりジャガイモを入れてみようなんて思いながら後片付けをしました。

さんさんクラブ見学

本日は清武町の「西新町さんさんクラブ」の皆様が入居者の皆様の慰問も兼ねて施設の見学に来てくださいました。

一般的に老人ホームというと直接契約で介護保険を利用する「特別養護老人ホーム」や「有料老人ホーム」のイメージの方が強いですので、まず養護老人ホームについてご説明させていただきました。特に負担金(毎月のお支払)については応能負担(支払い能力に応じた負担)のため、他の入所施設との違いに皆様驚かれているようでした。

その後、施設内を1周ご案内させて頂き、皆様から「この施設はトイレの匂いが全然しませんね」や「どのお部屋も日当たりがいいんですね」等、様々なご感想をいただきました。

今回のように地域の皆様に見学に来ていただけるというのは非常にありがたいことで、直接清流園への入所を希望していない方であっても、地域で困っていらっしゃる方への情報の一つとしてご紹介していければ幸いです。施設見学につきましては随時受付けておりますので、お気軽にご相談ください。

干し柿つくり

今日は毎年恒例の「干し柿つくり」をしました。

皆さん上手に剥かれています。所々から「へたは取るとよ!」「下の皮は残すとよ!」「全剥かないかんが~」といろいろ流派があるようでした。

棚につるささなくてはいけませんので紐をつけることも大事な仕事です。

剥いた柿は干す前に一度熱湯につけると蝿が寄らずにきれいに仕上がるそうです。

柿同士が当たらないように干していきます。ちなみに干し方担当は毎年この二人です。阿吽の呼吸で干していきます。今日からは寒さと北風が待ち遠しくなります。今年のうちに1度は皆さんに食べて頂けたらと思いながら干し柿つくりを終えました。

芋ほり(清武幼稚園)

毎年、清流園ではお隣の清武幼稚園と「合同芋ほり会」を実施しています。今年も予定していたのですが、残念ながら天候と他の行事の関係で合同での実施ができず、清武幼稚園の園児さん達に清流園の入居者の皆様の分も掘っていただきました。

子どもたちも元気よく楽しそうに芋ほりをされ、最後には園長先生より「清流園のおじいちゃんおばあちゃんが皆さんと一緒に芋ほりをするためにここまで育ててくれたんですよ」というお話を真剣な顔で聴いていました。来年は一緒にできるといいですね。

感染症予防講話

12月も近づき感染症が流行る季節ですので、入居者の皆様を対象に「感染症予防講話」をさせて頂きました。主にインフルエンザとノロウィルスについて、感染予防と感染拡大防止についてのお話をさせて頂きました。

予防に一番大切なことはやはり「手洗い」です。手には多くの菌が付着するため30秒くらいかけて丁寧に洗うことが大切です。また、手指のアルコール消毒も1ml程の薬液では50%の効果しかなく、3mlになると98%と本来の効果がでます。感染拡大予防については、体調不良は速やかに職員へ申し出て頂くこと、疑わしい状態になった際には居室にて安静していただくこと、下痢症状や嘔吐物等をご自身で処理しないことをお願いさせていただきました。職員だけでなく、入居者の皆様と一緒に感染症予防に取り組んでいきたいと思います

感染症研修会

これから本格的に寒くなり感染症が流行する時期になりますので「感染症研修会」を実施しました。パート職員にも参加していただき、施設内での感染症の発生防止のために何をしなくてはいけないのか、また発生したときに被害を最小限に抑えるためにどのように対処していけば良いかを学びました。清流園のような入所施設では、感染症が発生すると一気に拡がり抵抗力も弱いため重篤化する危険性がありますので、職員一人ひとりが感染症に対する正しい知識を身につけて、入居者の皆様に安心して生活していただける施設を目指していきたいと思います。