きらめきブログ

栄養・衛生教室

 今日は、栄養衛生教室を開催しました。

 栄養士から、2月の食事行事や食生活で気を付けてほしい事を説明しました。

 看護師からは、血圧のお話をさせていただきました。また、インフルエンザやノロウイルス防止についてもご協力をお願いしました。

 皆さん真剣に話を聞いていました。

傾聴ボランティア

 今年最初の傾聴ボランティア『檍ダンボの会 様』がお越しくださいました。

 たくさんの入居者様が待っています。1時間楽しそうにお話をしています。

 傾聴ボランティアの皆様の姿勢には、私たち職員も勉強させられています。今後も何卒よろしくお願いいたします。

ライトガーデン

 今月2回目のライトガーデンへ参加しました。

 寒くなってきて、暖かいコーヒーが尚更おいしく感じます(^_^.)

 入居者様、職員、心と身体の温まるひと時を過ごせました。

職員研修会・職員会議・感染症委員会・サービス向上委員会

 研修と会議の一日でした。明星園では、職員の勤続年数や希望等を勘案し、年間の外部、内部研修計画を立てています。1月、2月は、職員個々による研究発表と研修報告会となっています。自分が1年間通して取り組んだことの結果報告の場として、また、年間通して受けた研修の中身を他の職員へ伝える場として活用してます。

 午後からは、職員会議、感染症委員会、サービス向上委員会を開催しました。職員会議では、2月の予定等を確認し合いました。今年の2月は、閏年で、年間の日数が平年より1日多い366日となります。得した気分?損した気分?かは人ぞれぞれですが(^_^.)1日多い2月を有意義に過ごしていくことを確認し合いました。

 感染症委員会では、ノロウイルス、インフルエンザ対策を話し合いました。ここに来て寒さ厳しい毎日が続き、風邪等流行の兆しがでてきています。手洗い、うがいを基本に、職員も持ち込まないための対策をしっかり取っていくこと確認し合いました。

 サービス向上委員会では、昨今発生している有料老人ホームにおける虐待等から考えるサービスの質の向上について話し合いました。虐待に至る要因は様々ですが、その中でも「教育、知識、介護技術等に関する問題」が飛びぬけて多く、次いで「職員のストレスや感情コントロールの問題」となっているとの調査結果があります。

 介護のプロとして働く我々が“イライラ”することはあってはならないのですが、人間ですから面には出さなくてもそう感じることは当然あると思います。ある臨床心理士は「イライラした時の対処法は、単純ですが深呼吸をすること。深呼吸には、副交感神経を刺激して、リラックス効果を作り出す効果がある。」と言っています。当施設でも時折『深呼吸しましょう。』と声を掛け合うようにしています。また、自己覚知(自分の感情がどう揺れやすいか等を意識する)と受容と許容との違いなどを話し合いました。このような話し合いの場においても一方的に話すだけではなく、一人ひとりが問題を共有し、意見を出すことで、自分の事として捉え、改善に向けて努力していくことができるのではと考えています。

鏡開き

 皆さん鏡開きをもう終わられましたか?

 少し遅くなったのですが、明星園では、今日ぜんざいにお餅を入れて皆さんに召し上がっていただきました。

 季節ごとのこの様な行事をこれからも大切にしていきます。

災害時食事提供訓練

 災害はいつ発生するかわかりません。インフラ等が使用できなくなると施設は孤立してしまいます。その時に、重要になるのが食糧の確保です。これだけ大規模の施設になるとその人数分の食糧を確保しなければなりません。当施設では、委託業者である日清医療食品株式会社様のご協力を得て、入居者様の食糧50人×3日分を常備しています。

 しかし、常備しているだけでは意味がなく、調理法や味等も知っておく必要があります。そこで年に1回、災害時を想定した食事提供訓練を行います。

 実際に調理し、出来た物を昼食として入居者様へ召し上がっていただきました。「おいしい。災害時もこんな食事が出来るなんて安心だね。」と話されていました。

 今後もこのような訓練を実施しながら、安心、安全な施設を目指して参ります。

絵手紙・絵画

 今日は、絵手紙、絵画クラブを実施しました。

 好きな題材を自由に描いていただきました。

 久しぶりに参加される方もいらっしゃり「難しかった~。」と話されていました。

事故委員会・食事委員会・カンファレンス

 今日は、会議の一日でした(+o+)午前中に事故・食事委員会、午後からカンファレンスを開催しました。

 食事委員会では、翌月の食事行事や検食簿、入居者様のご意見、個々の食事内容の変更等を話し合いました。『朝食で動き出す活力を、昼食で入居者間の和と語らいを、夕食で温かく落ち着いた家庭の雰囲気を』を目標に、今後もおいしい食事提供に努めて参ります。

 事故委員会では、ヒヤリハット、事故報告書を基に対策を検討しています。また、身体拘束や虐待についても話し合いを行います。生活施設ですので、必ず何らかしらの事故が起こります。その事故を予防する為に出来る対策を検討しています。今後も職員一人ひとりが事故に対する意識を高めて業務に従事して参ります。

 カンファレンスでは、5名の方のプランについて話し合いを行いました。検討したプランを共有しながら、一人ひとりの入居者様の支援を行って参ります。

ライトガーデン

 今年最初のライトガーデンへ参加してきました。

 

 鏡開きも近いということでぜんざいが全員に振る舞われました。ケーキ、ジュースも食べ、甘い食べ物をたくさん食べて幸せそうでした。

養護老人ホームについて③

 前回の続きです。入所料金についてですが、入所者本人及び扶養義務者の所得に応じた費用負担が必要となります。また、負担金の額は、毎年7月に改定されます。その年の収入から医療費や諸税等の経費を差し引いた金額で翌年の料金が決定します。

 次に、宮崎市にある養護老人ホームですが、明星園を入れて全部で6か所あります。「そんなにあるんだ。」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。申し込み等は市町村ですが、見学等は各施設にお問い合わせいただければ可能です。それぞれの施設によって工夫を凝らした建物、雰囲気がありますので、一度は見学されてみると良いと思います。

 明星園以外の宮崎市にある養護老人ホームの名称、住所、連絡先を載せておきます。カリタスの園・松の寮【吉村町沖ノ原甲1543:24-2758】 長寿園【大字浮田1664番地3:78-0059】 望洋園【佐土原町下那珂43-1:73-0161】 生目幸明荘(盲養護)【大字跡江2366:47-3452】 清流園【清武町今泉甲6894:85-2010】 以上が養護老人ホームの説明となります。

 今後も定期的にこのブログでご説明していこうかと思います。わかりにくい点もあるかと思います。詳しいことは、お電話でも構いませんのでお問い合わせ下さい。

お屠蘇配り

清流園入居者の皆様の今年一年の健康を願いまして「お屠蘇配り」を実施しました。

清流園では、毎年施設長が入居者お一人おひとりを順に回りお屠蘇を注いでいきます。

「おいしかったです」や「もっと注いでくれ」という方もいれば「こんなまずいものいらん」と言われる方もいらっしゃいました。そんな様子を見ながら、今年も一年お元気にそして賑やかに過ごされるのだろうと感じたところでした。

本年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。新年を迎え平成28年が始まりました。気持ちも新たに、清流園の入所者の皆様に安心して生活していただけるよう、また地域の皆様にも清流園があることで安心していただけるよう、職員一丸となって取り組んでいきたいと思います。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年もありがとうございました。

平成27年も今日で最後となりました。皆様におかれましてはどのような一年だったでしょうか。清流園では指定管理の継続更新や介護保険利用者枠の増員、福祉を取り巻く様々な制度の改定等がありました。時代の流れとともに様々なものが変化していく中で、こうして入居者の皆様及び職員が清流園の中で安心して生活・仕事ができるというのは、日頃からの地域の皆様並びに各関係機関の皆様のおかげだと感じております。

今年一年の皆様からのご支援、誠にありがとうございました。良いお年をお迎え下さい。

生け花ボランティア

毎年、この時期には「宮崎県華道協和会」の皆様が正月用のお花を活けに来て下さります。

おかげさまで来年も華やかに初会を迎えられそうです。本当にありがとうございました。

カレンダー配り

年末の恒例行事としてカレンダー配りを行ないました。業者さんから頂いたものや職員が家から持ってきたものを並べて、好きなものを選んでいただきます。

清流園のような入所施設では入所者分のカレンダーを集めるというのもなかなか大変ですが、ここまで済めばいよいよ新年を迎えるばかりといった感じです。

正月飾り

早いものであと数日で新しい年を迎えようとしています。新年の準備として門松・しめ縄・鏡餅を準備しました。

門松は毎年清流園の職員で手作りで作っています。縁起物のため紐の結び方や数に約束事がありますがベテランの職員から一つづつ教えて頂きながら作っていきます。

鏡餅は先日のもちつきで作ったものを飾っていきます。今年は暖冬のためいまいち年末という気がしませんでしたが、正月飾りをしてもうすぐ新年を迎えるのだと改めて感じたところでした。

もちつき

清流園では毎年もちつきをして、正月に飾る鏡餅を作っています。せいろを使ってもち米を蒸していきます。

もち米が蒸しあがったら、入居者の皆様と職員で力を合わせてついていきます。「よいしょっ!!よいしょっ!!」と威勢のいい声が飛び交います。見学の方達にもぜんざいを振る舞い、賑やかなもちつきとなりました。

つきあがったおもちは中で鏡餅用に丸めていきます。「はじめてだから~」といわれる方も上手に作って下さいました。

完成です。正月前にはこれらを園内の各所に飾ります。いよいよ正月を迎えるという感じがしてきました。

ちなみに今日のおやつは清流園で収穫した芋とお餅でねりくりを提供させていただきました。明日はきっと筋肉痛だろうなと思いながら後片付けをしました。

クッキー・野菜ジュースを頂きました。

宮崎地区遊技業組合様より、クリスマスにちなみ入居者の皆様へクッキーと野菜ジュースを頂きました。

こちらはおやつの時間に皆様に召し上がっていただこうと思います。いつもありがとうございます。

そばうち

年末の恒例行事として「そばうち」を行ないました。入居者の皆様も食に関する行事は楽しみにされているようです。

入居者の皆様にはそばを伸ばす、切るという工程をして頂きました。

今日のお昼ご飯がかかっているため皆さん真剣です。

切り終えたそばです。名店の!とはいきませんが、なかなか上手に出来たのではないでしょうか。

出来上がりです。毎年ですが、食べごたえのありそうなおそばが完成しました。年越しそばにはまだ早いですが、皆さん喜んで食べて頂けたようでした。

タオル・石鹸を頂きました。

清武町ボランティア連絡協議会より、タオルと石鹸を頂きました。入居者の皆様のためにありがたく使わせていただきたいと思います。