きらめきブログ

学習塾

 今日は、学習塾を開催しました(^_^.)

 漢字書きは難しすぎたようで「できなかった~。」と話される方が多かったようでした(+o+)しかし、毎日日記を書いている入居者様などはスラスラと書かれるのを見ると、普段の積み重ねが大切なんだなと感じました。

 算数の問題は、ひとりで解けなかった方も職員と一緒にひとつづつ考えていくと正解までたどり着けていました。

 皆さん真剣に問題と向き合っています。「いい勉強になった。」との言葉もたくさん聞かれています。

みんせいかんコンサート

 今日は、近隣にある“みんせいかん様”から『コンサート』のご招待を受け入居者様と参加してきました。

 地域の方もたくさん参加して下さっていました。 いつもと違う雰囲気と素晴らしい演奏に入居者様も喜ばれていました。

 ご招待いただきましたみんせいかん様大変にありがとうございました。

ライトガーデン

 2月最初の“ライトガーデン”へ参加しました。今月は3階の入居者様が参加されます。

 「ここで飲むコーヒーはおいしい。」と言って下さる入居者様もいらっしゃいます。コーヒーもおいしいのですが、職員との楽しい会話がそう感じさせているのでは(^_^.)と勝手に思っています。

 これからも何気ない時間を大切にしながら入居者様の支援に努めていきたいと感じたひと時でした。

生チョコ作り

 『日常生活に勝るリハビリはない!』という専門家もいらっしゃいます。明星園でも日常をなるだけ自立して生活して頂けるような支援を心掛けています。そのような取り組みの一つとして、毎月入居者様と一緒に調理を行っています。

 今日は、バレンタインデーも近いということで“生チョコレート”を作りました。

 参加者が少なかったのですが(+o+)ちょうど男性と女性で仲良く、愛情を込めて作りました。

 出来上がったチョコレートは、3時のおやつに召し上がっていただき「おいしい。甘いものは元気が出るね。」と好評でした。

カラオケクラブ

 カラオケクラブを開催しました。

 初めて参加される方もいらっしゃり、楽しそうに歌われていました。珍しい歌が流れると嬉しそうに歌われていました。

運営会議・衛生委員会

 本日は、月初めの運営会議を開催しました。施設運営に関する課題を話し合います。また、併せて衛生委員会を開催しました。  生活していく上では、1月に年が始まり12月で1年を締めくくりますが、仕事をしている中では年度(4月~3月)で業務を考えていく事業も多いかと思います。

 明星園でも同じように年度で事業を考えています。事業を行っていく上では、当然計画が必要です。特に多くの人が関わる仕事ですので、関わる全ての人が共通できる目標がないと事業はうまく進んでいきません。そのために、関わる全ての人の意見を反映させた事業計画が必要となるため、毎年試行錯誤しながら作成しています。

 現在、平成28年度事業計画書の作成を行っています。仕事をしていく上では、意見の食い違いや考え方等が合わないこともでてくるかと思います。しかし、目指すべき目標や年間のやるべき事が明確にされていれば、どこかで納得できる解決方法も見つかるのではないでしょうか?  入居者様の生活がより良いものになるために職員の想いの詰まった事業計画書の作成に努めていきます!

 衛生委員会では、整理整頓の重要性を再度話し合いました。また、職員の身体面、健康面の状況について確認し、ストレス等への対策を話し合いました。入居者様に良いサービスを提供するためには、職員が心身ともに健康であることが重要です。そのための支援を事業所全体で取り組んでいくことを確認し合いました。

節分豆まき会

 2月3日は節分でした。昨日は、昼食に恵方巻き(巻き寿司)を召し上がっていただきました。今年の恵方は“南南東”でしたので、願い事をしながら恵方の方角を向いて食べられていました(^_^.)私たちが小さい頃(40代ですが)恵方巻きを食べたことはなかったのですが・・・(+o+)入居者様もおいしい巻き寿司を喜ばれていました。

 昨日は入浴日でしたので、本日“節分豆まき会”を開催しました。鬼の登場に皆さん日頃のうっぷん?を晴らすためか思いっきりおじゃみをぶつけていました。

 病鬼(びょうき)や弱鬼(よわき)などの悪い鬼を退治した後は、福の神が今年も健康で楽しく生活できるよう願いを込めておやつをお配りしました。

 入居者様も楽しいひと時を過ごせたようでした。

2月になりました。

 以前も記事に書きましたが、今年の2月は、閏年で、年間の日数が平年より1日多い366日となります。得した気分?損した気分?かは人ぞれぞれですが(^_^.)1日多い2月を有意義に過ごしていきたいと思います。

 2,3,4月は、学生は卒業や新入学、社会人は人事異動等変化の多い時期ではないでしょうか?また、何もなくても春は何かを始めてみたくなる季節ですよね。

 『春眠暁を思えず』解釈は人それぞれですが、春は寝坊しやすいと捉え、朝が苦手な人は言い訳の一つとして考えてしまう人もいるのでは(そんな私もそうですが(+o+))?睡魔を断ってがばっと起きることが出来る人もいますが、無理な人は、まずは、手や足の指を動かしてみるといいそうです。それが合図となって、だんだんと脳が目覚めていくとか。寝ころんだまま“伸び”をしたり、手足を動かしたりすれば楽に起きられるそうですよ(^_^.)

 小さな行動が大きな変化に繋がります。勉強なら、机の前に座ってみる。読書なら本を開いてみる。とっかかりがつかめれば、自然に流れができるものではないでしょうか?「はじめ半分」という言葉があります。ちょっとした行動でも「始める」ことは、すでに目標への道の半分を歩いたに等しいという意味として捉えれば、同じ一歩でもはじめの一歩は大きな価値があります。

 気持ち的にも不安定になる季節ではありますが、勇気をだして、はじめの一歩を踏み出してみると何かが変わっていくのかもしれません。

リハビリ体操

 今年最初のリハビリ体操を実施しました(^_^.)

 2階入居者様には、0.5kgの重りを使用して上半身の運動や腸活体操、全身のマッサージを実施しました。ゴルフボールを使用して気になる部分のマッサージを実施したのですが、腹部を中心に行われる方が多かったようでした。

 3階入居者様には、全身のストレッチ、下肢の筋トレ、腹式呼吸、腸活体操を行いました。今後行いたい体操を訪ねると「便秘について」との声があり、これからも腸活体操を続けていきたいと思います。

*写真を撮り忘れてしまいました(+o+)

宮崎市 平成27年度 社会福祉施設等指導監査

 本日は、お忙しい中、宮崎市長寿支援課職員4名にお越しいただき、事業運営が適切に行われているか指導監査をお受けしました。

 指導監査の基本的な考え方は『①指導監査は、厚生労働省から発出された指導監査に係る処理基準、技術的助言その他必要と認める規定に基づき実施する。②明解で透明度の高い指導監査とするため、指導監査の根拠規定を明確にするとともに、当該規定の内容を法人・施設に明示する。③指導監査の重点事項の確認を徹底する。その上で、不適正な運営の認められる法人・施設に対しては、継続して指導監査を実施し、必要な改善措置を講じる。④社会福祉法第75条、社会福祉法人指導監査要綱の制定について(平成13年7月23日付け雇児発第487号等厚生労働省雇用均等・児童家庭局長等連名通知)2(9)の趣旨に基づき、指導監査結果の積極的な公表を行う。』となっています。

 このような考えを基本に、施設内や関係帳票類を確認して頂きました。指摘事項もなく適正に運営がなされているとのお言葉も頂くことができました。これを励みに、今後も公的な仕事に従事している責任と自覚を持ち、入居者様に安心して生活できる施設となるため精進してまいります。

平成28年度になりました。

寒さも少しずつ和らぎ、どこからか花の匂いが漂う季節になりました。本日から4月となり、平成28年度が始まります。清流園のような入所施設では24時間365日の入居者の皆様の日々の積み重ねが生活の中心となりますので、新年度といっても事務的なものが切り替わるくらいの変化しかありませんが、新年度ということで元旦とはまた違った意味での一年の始まりですので、職員一同気持ちも新たに入居者の皆様・地域の皆様に安心して生活していただける清流園の運営に取り組んでまいりたいと思います。

本年度もよろしくお願いいたします。

第三者委員訪問

清流園では入居者の皆様の苦情解決の取り組みとして「第三者委員の訪問」を行なっています。施設運営に関すること等、職員には言いづらいことを第三者の方から吸い上げて頂き、改善に努めていくという仕組みです。

挙げられたご相談を全て迅速に解決とはいきませんが、こういった取り組みも通して皆様の清流園での生活がより満足のいくものになればと考えております。

無縁墓参り

本日から彼岸入りですので清流園の近くの無縁墓にお参りに行ってきました。今回は昨年から新たに入所された方も一緒に行っていただきました。

いつものようにお供えしてある花やお水を換えていきます。

初めて参加していただいたお二人も「草を取ってやらなきゃいけない」と手の届く範囲で草取りをしてくださいました。

出来る範囲できれいに出来たので、そこに眠る方たちに安らかにとお線香をあげ手を合わせました。

「今度は元気な人みんなで草取りに来なきゃいけない」「また来るときは声をかけて下さい」と言ってくださることを嬉しく思いながら、帰りはお花見の下見がてら少し遠回りして帰りました。

清武幼稚園とのお別れ会

本日は隣にある「清武幼稚園」の卒園式を前にお別れ会を実施しました。2年間七夕つくり・夏祭り・運動会・芋ほり等、様々な行事を通して交流を深めてきた園児さんとの最後の交流会です。

園児さんからの挨拶を聴きながら、入居者の皆様も涙ぐまれる方もいたり、立派になったと喜ばれる方もいたり、職員も感慨深い気持ちになりました。

入居者の皆様にと、かわいい小物入れをプレゼントしてくださいました。最後は自由にお話や握手をして「小学校でも頑張るんだよ」「ありがとね」等いろんなところから会話が聞こえてきて、賑やかな交流会となりました。

卒園される園児の皆様には、清流園の入居者との関わりで学んだことを忘れずに優しく強く育っていただきたいと思います。

園内研修

清流園では入居者の心身状況に合わせて「ひまわり」「まつ」「さくら」の3つのグループに分かれてのユニットケアを実施しています。その中で今回は「さくらグループ」による、グループ内をADL状況に合わせて更に2つのユニットに分ける取り組みについての研修会を行ないました。

内容については割愛させていただきますが、定期的にこういった職員間での研修会を通して、入居者の皆様により良いサービスを提供できるよう精進していきたいと思います。

園内喫茶

暦の上ではもう春ですが、まだまだ寒い日が続きます。

本日は「園内喫茶」を実施しました。毎年、この時期には感染症等予防のため外出や面会等を制限させていただいているため、皆様に楽しんでいただけるようちょっとしたゲームも交えての喫茶を実施しました。

本日は数種類の飲み物からお好きなものを選んでいただき、準備させていただいたロールケーキとお菓子を食べながらゲームに参加していただきました。

ゲームは「ビンゴ」と「ハイ&ロークイズ」を実施しました。今回は優勝チームに景品を準備させていただきましたので、皆さん張り切ってご参加いただきました。

最後、同点ということでじゃんけんで勝敗を決めさせていただきました。楽しい時間というものはあっという間ですが、暖かくなり感染症の流行が収まるまであと少し、このまま何事もなく春を迎えたいものです。

誕生会(12月・1月)

本日は12月と1月にお生まれになった皆様の誕生会を実施させて頂きました。

演芸会では清武を中心に活動されている「吟謡会」の皆様においで頂きまして、皆様の誕生日を盛り上げて頂きました。

昼食はすき焼きでした。お肉が食べられない方には寄せ鍋を提供させていただきました。

清流園では、毎年この時期になると感染症予防のため外出や面会等の制限をさせていただくのですが、それにより入居者の皆様に少なからずストレスがかかってしまうのも事実です。そんな中での誕生会でしたので、皆様楽しく過ごせたと喜んでいただけたようでした。

お神酒寄贈

本日、宮崎神宮よりお神酒をいただきました。頂きました焼酎は様々な行事や地域との交流等で使わせていただきたいと思います。

新年昼食会

本日は初詣を午前と午後に分けて行きますが、昼食は職員と入居者の皆様で新年を祝う「新年昼食会」を実施しました。

新年のお祝いですので、祝い事に合った装飾をしました。また、今年は申年ですので、それにちなんだ置物や飾りを入居者の皆様に見て頂きました。

本日のメニューはかしわめし・カツオのたたき・煮物・うぐいす豆・鯛の澄し汁でした。本日は祝い膳ということで職員も一緒に昼食会に参加させていただきました。

今年も一年、よろしくお願いします。

初詣

本日は入居者の皆様と一緒に初詣に行ってきました。清流園では毎年、清武の船引神社に初詣に行きます。

入居者の皆様はどんなことを祈願されているのでしょうか。職員も一緒に今年も一年、清流園で生活される入居者の皆様と働く職員が平穏に暮らせることを祈らせていただきました。

船引神社には樹齢およそ900年で国の天然記念物に指定されている大楠があります。入居者の中には「小さいころはこの木の空洞に入って遊んだものだ」と言われる方もいらっしゃいます。毎年恒例ですが、記念写真を撮らせていただきました。