きらめきブログ

「新茶」の贈呈

 今年も宮崎市茶商組合様より、市内の老人福祉施設で生活されている高齢者の方々にも味わっていただきたいと新茶の贈呈があり、当施設へも届きました。宮崎県のお茶の生産量は国内でも上位の生産量を誇っており、その中でも特に厳選され、6月2日に宮崎神宮で行われた献茶祭に奉納されたお茶と同一のものと伺っております。

 毎年の宮崎市茶商組合様のお心遣いに深く感謝し、ありがたく頂戴させていただきました。

運営会議

 月初めに開催している運営会議を行いました。施設運営に関する重要事項を討議し、決定をします。毎月、このような会議を開催するためには、入居者様や会議に出席しない職員の協力があってこそ開催できます。感謝の気持ちを忘れず、時間を守って『会して議し、議して決し、決して行い、行って責任をとる』という有意義な会議となるよう今後も取り組んでいきたいと考えています。

梅のヘタ取り

今日は、毎年入居者様からも好評いただいている『明星園特性梅ぼし』を作るための下準備“梅のヘタとり”を行いました。時間がかかるかなと思いきやあっという間に終わってしまい、入居者様の手際の良さに驚かされました。今月中にシソ漬けを行う予定です。

今年も残り半年

 早いもので平成27年も『あけましておめでとうございます。』と挨拶をしてから“あっ”という間に半分が過ぎようとしています。年を重ねるごとに月日の流れが速く感じますが、入居者様も『この年まであっという間だったよ。』と良く話して下さいます。

 ある方から『人生は劇や映画のようなものである。自分が作家であり、演出家で主役である。』と教えて頂いたことがあります。そう捉えると人生や仕事においても様々なことがありますが、それをどう捉え、行動するかは自分次第なんだと実感することができました。

 1年を充実させるためには、1ヶ月を大切に、そして、1ヶ月を充実させるためには、1日1日を大切にしていかなければいけません。過ぎた時間は戻ってきませんが、その中で起こった出来事を反省し、今から始まる明日に生かすことは出来ます。自分自身もまだまだですが、『日に新たに、日々に新たに、また、日に新たに』一歩一歩、一日一日着実に自分の人生を歩んでいきたいと改めて考えた6月1日でした。

リハビリ体操

 リハビリ体操を行いました。今回は、いつも行う健康体操ではなく、便秘や転倒予防体操を行いました。また、個人的に体調などで不安を感じている事などをお聞きし、それらの不安に対しての体操やツボ刺激を次回までに調べて行う事にしました。

 頭の体操も行い、入居者様と歌いながら楽しく行うことが出来ました。普段参加されない入居者様も参加して下さり、終始笑顔で取り組んで頂けて大変うれしく思いました。

前浜自治会 地震津波避難訓練

当施設のある前浜自治会による地震津波避難訓練が実施されました。当施設の建物が避難所にも指定されていることから、地域の皆様が避難訓練に来られましたので、外階段から3階までの避難方法を確認して頂きました。今回の訓練を参考にしながら、地域の福祉避難所としての機能強化に努めていきたいと思います。

皇太子殿下行啓②

昨日に引き続き、皇太子殿下を入居者様とお迎えしました。今日は、午前中と午後の2回お通りになられました。

午後は、近隣施設である『みんせいかん』へご視察にお立ち寄りになり、施設長と入居者様代表2人がみんせいかんにてお出迎えもさせていただきました。普段お会いすることのできない皇太子殿下のお姿を見ることが出来て入居者様も大変喜ばれた2日間でした。

皇太子殿下行啓①

皇太子殿下におかれましては、来る5月29日(金曜日)から30日(土曜日)まで、第26回全国「みどりの愛護」のつどいに御臨席、併せて地方事情を御視察のため、本県へ行啓されることになりました。本日は、当施設の前をお通りになるということで、入居者様と一緒に沿道にてお迎えをさせていただきました。入居者様も一生懸命旗をふり、お姿を拝見することが出来たことを大変喜ばれていました。

巡回図書

巡回図書『みどり号』が今月も来て下さいました。毎月、入居者様も心待ちにしています。漫画の方が好きな私は、活字を見ると眠くなってしまうのですが・・・・入居者様を見習って、活字にも慣れていかないといけないと反省しています。毎月、お越しいただく宮崎市立図書館様ありがとうございます。

皇太子殿下の行啓

皇太子殿下におかれましては、来る5月29日(金曜日)から30日(土曜日)まで、第26回全国「みどりの愛護」のつどいに御臨席、併せて地方事情を御視察のため、本県へ行啓されることになりました。つきましては、当施設周辺も交通規制等が行われるかもしれませんので、ご来園の際は、お気を付け下さい。

 11年前、当施設に天皇、皇后両陛下の行幸啓を承りました。あの時の感動が昨日のことのように思い出されます。