きらめきブログ

学習塾

 今日は、学習塾の日です。この日になると入居者様がまるでテストを受験するように気合が入っているような気がします!(^^)!

 計算、国語、ぬり絵、地図(都道府県名)の中からお好きなもの、出来るものを選んでいただきました。

 皆さん、ご自分の得意分野を熱心に勉強され「脳トレになった~。」と笑顔で話す入居者様もいらっしゃいました。

和菓子の寄贈

 先日も掲載しましたが、敬老月間に合わせて、入居者様へ様々な企業様等より寄贈品を頂きます。

 毎年、老人週間(9月15日~9月21日)にちなんで『株式会社富士製菓 様』より高齢者の方に、和菓子を味わいながら、憩いのひと時を楽しんでいただきたいとのことで『和菓子「上生菓子」』を寄贈して頂きます。

 今年も本日、お菓子が届きました。「毎年ありがたいね。味わっていただきます。」と入居者様も大変に喜んでいらっしゃいます。

 毎年のお心遣い、入居者、職員一同、大変に感謝しております。ありがとうございました。

映画鑑賞会

 入居者様の余暇の楽しみ方として、3ヶ月に1回、映画鑑賞会を開催しています。

 事前に入居者様のご意見等をお聞きしながら、映画の内容を決定します。今回は、『幸福の黄色いハンカチ』を上映しました。

 『懐かしいね。』などと話されながら、ゆっくりと映画を楽しまれていました。

シルバーウィーク

 明日からシルバーウィークとして、5連休の方もいらっしゃるのではないでしょうか?以前からお伝えしておりますが、このような福祉施設では、24時間365日生活をされている入居者がいらっしゃいますので、その生活を支える職員も当然そこにいなければいけません。そうなると、連休等も関係なく勤務することとなります。仕事と割り切ってしまえばそれまでですが…家族や友人と休みが合わないことで、不便さを感じることがあると思います。しかし、職員同士、励まし合い、休み等調整しながら仕事に対して、楽しく、真剣に取り組んでいる姿には、自分の施設の職員ですが、頭が下がる思いです。

 シルバーウィークの中には『敬老の日』があります。おじいちゃん、おばあちゃんに会いに行かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?自分自身、この仕事を始めて、身内も含めてですが、多くの方の最後に立ち会わせていただきました。その時、ご身内の方々などから時折『もっと、親孝行してあげれば・・』というような事をお聞きすることがありました。孝行の仕方は人それぞれですが、後悔しないためにも『まだ若いから。』『また、今度。』と思わず、そう思った今、行動に移すことが大切かと思っています。

 私も祖母や父を亡くしました。寂しさはありましたが、この仕事をしてきたおかげで、このような考えをすることができ、自分自身では後悔なく最後を看取ることが出来たと思えました。偉そうなことを書きましたが、ぜひ、元気な声や笑顔だけでも祖父母、父母へ届けてもらえれば喜ばれるのではないかと思います。

ヤクルト・たばこの寄贈

 毎年、敬老月間には、様々な事業所様より寄贈品を頂きます。

 今年も『宮崎ヤクルト販売(株) 様』よりヤクルトを寄贈して頂きました。ヤクルト好きの入居者様も多く「毎年ありがたいね。ありがたく飲ませていただいて、長生きします。」と大変喜ばれております。

 また、こちらも毎年寄贈していただく『日本たばこ産業(株) 様』より愛煙家へタバコを寄贈して頂きました。「おいしいタバコを吸って長生きします。」と愛煙家の入居者様も大変に喜んでいらっしゃいます。

 毎年のお心遣い、入居者、職員一同、大変に感謝しております。ありがとうございました。

職員研修会

 様々な技術が目まぐるしく進化していく今、介護の世界においても例外はなく、制度や技術が新たなものに変わっていきます。ゆえに、日々、自己研鑽や研修等で知識を修得しなければ時代に取り残されてしまい、その結果、生活されている入居者様に満足して頂けるサービスの提供が出来なくなってしまいます。

 当施設では、年間を通して、職員の要望等を把握し、外部、内部研修計画を作成しています。今日は、今月の職員研修会として、宮崎県介護福祉士会が行っている講師派遣出前講座を依頼し、最新の介護技術指導を講義と実技に分け勉強させていただきました。

 理解していたようで実際にできていなかったことや福祉用具の活用、入居者様の状況に応じた介護技術指導等、実際の介護現場に生かせる内容で大変勉強になりました。お忙しい中、講師に来て下さった介護福祉士会専任講師2名様、ありがとうございました。

カンファレンス

 私達の施設は、養護老人ホームです。一般的に知られている介護施設では、入居者様に介護サービスを提供するために“ケアプラン”を作成します。同様に、養護老人ホームにおいても入居者様の施設での生活をどのように支援していくかを“処遇計画”として作成しています。養護老人ホームにおいても一部の方が介護保険のサービスを利用されています。そのような方には、“処遇計画”と介護サービスを提供するための“ケアプラン”両方を作成しています。

 今日は、その計画内容を話し合うカンファレンスを開催しました。毎月、定期的に開催しています。今回のカンファレンスでは、3名の入居者様の計画について話し合いました。

 積極的に入居者の思いを把握し、それを実現することで達成感や充実感を味わえ、生きる力となるようなプラン作成を目標としています。

あおぞら保育園 様との交流会

 毎年、9月の敬老月間に合わせて『あおぞら保育園 様』が入居者様との交流に来て下さいます。今年も本日、お越し下さいました。

 一生懸命練習した歌や踊りを披露して下さり、涙を流して喜ばれている入居者様もいらっしゃいました。

 最後には、心のこもった手作りのプレゼントを入居者様全員に手渡して下さいました。

 あおぞら保育園の皆様、本当にありがとうございました。

絵手紙・絵画クラブ

 今日は、絵手紙・絵画クラブを行いました。

 彼岸花や敬老会で頂いたお花を描いていただきました。

 「彼岸花は難しいね。」と話されながら、皆さん一生懸命取り組まれていました。

敬老会

 今日は、隣接する皇寿園と合同で敬老会を開催しました。

 理事長、第3者委員のお2人を来賓として迎え、ご家族の皆様にも多数ご参加いただき、入居者様のご長寿をお祝いしました。

 オープニングアトラクションでは、『前浜地区青壮年会様』のひょっとこ踊りで会場を盛り上げていただきました。ユーモラスな踊りに入居者様も大変喜んでいらっしゃいました。

 理事長より祝辞を頂いた後、代表の入居者様に記念の花束と紅白まんじゅうを贈呈させていただきました。

 入居者代表挨拶として、明星園入居者様が堂々と感動する挨拶をして下さいました。また、お忙しい中ご出席して下さいました第3者委員のお2人からも祝辞を頂きました。

 最後は、明星園黒木施設長に音頭をとっていただき、万歳三唱で締めくくりました。私たち職員も『入居者様が笑顔で、お元気で生活していくための支援を今後も一生懸命していこう!』と決意新たにした敬老会となりました。お忙しい中、ご出席いただいたご家族の皆様、本当にありがとうございました。

 昼食は、栄養課の皆さんが朝早くから心を込めて作ってくださった“敬老会お祝い膳”!おいしくて、皆さん感激されていました。