きらめきブログ

食事・事故委員会

 今日は、食事・事故委員会を開催しました。

 食事委員会では、次月の行事食や献立の検討、配膳方法、入居者様お一人おひとりの食事状況等を話し合いました。食事は、生きていく上で必要不可欠であり、元気の源でもあります。全員同じ『給食』ではなく、出来るだけお一人おひとりの状況に対応した家庭的な『食事』の提供を行い、毎日の生活がより良いものになってくれればとの想いで、栄養課職員も頑張ってくれています。

 事故委員会では、ヒヤリハットや事故発生状況の確認、対策の検討を行いました。毎月、職員の意識付けのため、事故対策に関する標語を掲げています。10~11月は『あなたの専門性と責任感が入居者を事故から守ります!!』です。自分がなすべき業務を責任感を持って行い、介護のプロとしての視点で一人ひとりの入居者様の状況を確認しながら対応することで、防げる事故があると思います。掲げるだけでなく、行動に移すことが大切であることを確認し合いました。