きらめきブログ

敬老会

 今日は、隣接する皇寿園と合同で敬老会を開催しました。

 理事長、第3者委員のお2人を来賓として迎え、ご家族の皆様にも多数ご参加いただき、入居者様のご長寿をお祝いしました。

 オープニングアトラクションでは、『前浜地区青壮年会様』のひょっとこ踊りで会場を盛り上げていただきました。ユーモラスな踊りに入居者様も大変喜んでいらっしゃいました。

 理事長より祝辞を頂いた後、代表の入居者様に記念の花束と紅白まんじゅうを贈呈させていただきました。

 入居者代表挨拶として、明星園入居者様が堂々と感動する挨拶をして下さいました。また、お忙しい中ご出席して下さいました第3者委員のお2人からも祝辞を頂きました。

 最後は、明星園黒木施設長に音頭をとっていただき、万歳三唱で締めくくりました。私たち職員も『入居者様が笑顔で、お元気で生活していくための支援を今後も一生懸命していこう!』と決意新たにした敬老会となりました。お忙しい中、ご出席いただいたご家族の皆様、本当にありがとうございました。

 昼食は、栄養課の皆さんが朝早くから心を込めて作ってくださった“敬老会お祝い膳”!おいしくて、皆さん感激されていました。

運営会議

 今日は、月初めの運営会議を開催しました。施設運営全般に関する報告や諸課題を検討します。   9月で今年度も半期が終了します。年度当初の事業計画や個人的な目標を見直す良い時期です。

 ひとつの考え方ですが、制限時間があるからこそ、物事を達成できるともいえます。勉強も仕事も生活も、目標を決めて逆算することで、今なすべき行動が明確になってくるのではないでしょうか?

 私たちは、入居者様に対して生活のプランを計画します。「長期、中期、短期」で「具体的」な目標を設定し、それを「月ごと週ごと日ごと」に置き換え、「5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、どのように)」をはっきりさせ、定期的に目標と現状を確認し、計画の軌道修正を行います。

 同じように、自分自身の仕事や家庭においてもプラン作成(目標設定)をしてみると、目標が明確になることで、毎日の生活における行動がより具体的になり、今まで「やらされている」と感じていたことも自ら進んで「やりたい」と思うようになるのではないでしょうか?

食事・事故委員会

 今日は、食事・事故委員会を開催しました。

 食事委員会では、次月の行事食や献立の検討、配膳方法、入居者様お一人おひとりの食事状況等を話し合いました。食事は、生きていく上で必要不可欠であり、元気の源でもあります。全員同じ『給食』ではなく、出来るだけお一人おひとりの状況に対応した家庭的な『食事』の提供を行い、毎日の生活がより良いものになってくれればとの想いで、栄養課職員も頑張ってくれています。

 事故委員会では、ヒヤリハットや事故発生状況の確認、対策の検討を行いました。毎月、職員の意識付けのため、事故対策に関する標語を掲げています。10~11月は『あなたの専門性と責任感が入居者を事故から守ります!!』です。自分がなすべき業務を責任感を持って行い、介護のプロとしての視点で一人ひとりの入居者様の状況を確認しながら対応することで、防げる事故があると思います。掲げるだけでなく、行動に移すことが大切であることを確認し合いました。

ライトガーデン①

 明星園の同じ建物内には、特別養護老人ホーム皇寿園が併設されています。その皇寿園で『第2水曜日』と『第4土曜日』の『14時』から地域の皆様や利用者向けの『ライトガーデン』という喫茶の日があります。今年度から明星園の入居者も参加することになりました。

 コーヒーの良い香りとおいしいケーキを食べながら、普段慌ただしく動いている職員もゆっくりと入居者様とお話しする時間として参加しています。

 今日は、毎月1回入居者様のご相談にのっていただく第3者委員のお2人も一緒に参加して下さいました。

 担当職員も笑顔の接客で癒しの時間が提供できるよう頑張っています(^_^.)皆さんも宜しければ一度覗いてみて下さい!(^^)!

敬老会作品展示

 毎年、敬老会に合わせて、入居者様がクラブ活動やリハビリもかねて個人的に作られている作品等を展示してます。

 自分が作った作品が展示され、声をかけてもらうと入居者様も『また、頑張ろう!』と励みになるようです。

 今年も今日から9月15日(火)までの1週間、1階の玄関を入って左手に展示してありますので、ご来園の際は是非ご覧になって下さい。

カラオケクラブ

 今日は、月に1回のお楽しみ(^_^.)カラオケクラブです。

 皆さんの『楽しいよ。』との声を聞かれたのか、普段参加されない入居者様も参加され、楽しそうに歌を口ずさまれていました。

 先月より声が出るようになったと嬉しそうに話される入居者様もいらっしゃり、リハビリ効果もあるようです。

 今後も楽しんで参加できるクラブ活動を心掛けて参ります。

江坂設備工業ボランティア活動

 毎年、敬老月間に合わせて『 江坂設備工業株式会社 様 』がボランティア活動に来て下さっています。今年も本日活動にお越し下さいました。

 今年で13回目の訪問となります。水回りの点検、清掃、草刈、外回りの高圧洗浄機を使用しての清掃等して下さいます。  一生懸命作業して下さり、入居者様も大変感謝しております。お忙しい中での活動、本当にありがとうございました。

 

館内床清掃

 毎年9月の敬老月間に合わせて、館内の床清掃を行います。今年も同建物内の皇寿園も一緒に8月31日(月)~9月4日(金)まで清掃を行っています。

 荷物もほとんどすべて搬出して、1年分の汚れを綺麗にし、ワックスをかけます。

 普段より清掃に努めていますが、見えないところには埃がいっぱい・・・。綺麗になって入居者様も大変喜ばれています。

 また、この日に合わせて、全館外回り(網戸、窓、ベランダ等)を高圧洗浄機で洗浄します。

 館内も館外も綺麗にして、清々しい気持ちで、敬老月間を迎えて頂ければと思いで、職員も頑張っています(^_^.)

9月になりました。

 早いもので、今年も残り4ヶ月となりました。年齢を重ねるごとに月日の速さを感じます。9月は『敬老月間』として認知されてきており、自治会や各家庭においても敬老会等が開催され、高齢者が主役となり、お祝いされる月となっています。

 ある新聞で読んだのですが、診療内科医の方が『老年』には2つのタイプがあるとおっしゃっていました。年相応に中身も老いた『オールド・オールド』と、高齢であっても心が若々しい『オールド・ヤング』。この違いには『過去を振り返る時間』と『将来のことを考える時間』のどちらが多いか?『人に教えている時間』と『自分が学んでいる時間』のどちらが多いか?が関係しているようです。たとえ年が若くても『ヤング・オールド』の人もいるのでは?

 夢を持ち、新たな事に挑戦し、学んでいく人は、たとえ高齢であっても若い人と同じ心を持った『オールド・ヤング』といえるのではないでしょうか?外見だけでなく、内面も磨きながら、自分なりに満足いく年齢の重ね方をしていければいいですね。

 9月は、年に1回の施設内の荷物を搬出しての館内床清掃、敬老会等々が行われます。『忙しい』ではなく『充実した』9月になるよう職員一同頑張ってまいります!

リハビリ体操

 今日は、リハビリ体操を行いました。

 2階入居者様には、タオルを使用したストレッチ体操を行い、歌も歌いながら、終始笑顔あふれる体操教室になりました。

 3階入居者様には転倒予防体操を行いながら、日中、夜間等転倒しないために気を付けることをお話ししました。