きらめきブログ

傾聴ボランティア

 今月も傾聴ボランティア『あおきダンボの会』様が来て下さいました(^_^.)

 入居者様も楽しみにされており、来られた瞬間から、色んなお話をされています。

 ボランティアの皆様も入居者様も顔見知りにもなりつつあり、良い関係が出来てきているようでした。

 今後もお互いにとってより良い活動となるようお受入れしていきたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。

新嘗祭

 皆さんは『新嘗祭』をご存知でしょうか?ウィキペディアで調べてみました(^_^.)

 日本では、古くから五穀の収穫を祝う風習があったそうです。その年の収穫物は国家としてもそれからの一年を養う大切な蓄えとなることから、大事な行事として飛鳥時代の皇極天皇の御代に始められたと伝えられています。一時中断された時期もあったそうですが、元禄時代の東山天皇の在位中に復活。1873年(明治6年)の太陽暦採用以前は旧暦の11月の2回目の卯の日に行われていました。1908年(明治41年)9月19日制定の「皇室祭祀令」では大祭に指定。同法は1947年(昭和22年)5月2日に廃止されたが、以降も宮中では従来通りの新嘗祭が行われ、最も重要な祭祀としています。神嘗祭と同様に神宮(伊勢神宮)には勅使が遣わされます。また、「年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム」および「休日ニ関スル件」により、1873年(明治6年)から1947年(昭和22年)まで同名の祝祭日(休日)でした。以降も「国民の祝日に関する法律」により、勤労感謝の日と改称されて国民の祝日となっています。なお、固定日の休日では最も長く続いており、11月23日は日本国民に最も定着している休日でもあります。現代では稀ですが、新嘗祭まで新米を口にしない風習も残っています。

 宮崎神宮において、この祭事が行われていますが、その際にお供えになったお野菜等を福祉施設へ寄贈して下さっています。

 今年も明星園にもたくさんのお野菜等が届きました。感謝をしながら、おいしくいただきます。ありがとうございました。

芋団子つくり

 今日は、入居者様と『芋団子』を作りました。

 

 こねて、丸めて、黄な粉を付けて、あっという間にたくさんのお団子が出来上がりました。出来たお団子を皆さん、おいしそうに召し上がっていました。

食事委員会

 今日は、食事委員会を開催しました。

 毎月、開催していますが、6月と11月の会議には入居者様にもご参加いただき、ご意見を頂いています。

 今回の会議には、入居者様の自治会代表者にご出席いただきました。

 食事の試食等していただき様々なご意見を頂きましたので、今後の献立に反映したいと思います。お忙しい中でのご参加ありがとうございました。

絵手紙・絵画塾

 絵手紙、絵画塾を開催しました。

 園庭に咲いている菊の花や果物を描いていただきました。今日は、参加してみようかな?と迷っていらっしゃる入居者様も見学されていました。

 丁寧に上手に描かれていて、味のある作品が完成しました。

事故委員会

 今日は、事故委員会を開催しました。

 当施設では、ヒヤリハット報告書、事故報告書を活用しています。仕事中に、ヒヤリとしたりハットしない人はヒヤリハット報告が出せない・・』という笑い話がありますが、ヒヤリハット報告が多い事業所は、それだけサービスに対する問題意識を持って仕事をしているスタッフが多いということです。『事故報告書、ヒヤリハット報告書が少ない事業所は優良な事業所だ』という人もいるかもしれませんが、どれだけ多くの気付きや対策をとっているかの証だと思えば、そうも言えないのではないでしょうか?

 介護事故報告書とともに、ヒヤリハット報告はどうあるべきか、何を報告させ、小さな気づきのできるスタッフをどのように育成していくのか、また、あがってきた報告書をどう活用していくか、今後もこの事故委員会で検討していきます。

墨遊塾

 今日は、墨遊塾を実施しました。

 『好きな食べ物』をテーマにして書いていただきました。

 「漢字を日頃書かないから、頭の体操になるわ。」と話されながら、皆さん、熱心に書と向き合っていました。

第2回 入居者・家族懇談会

 入居者様にご満足いただけるように、日々工夫を重ね、サービスの向上に努めていますが、ともすると自己満足になっている点や努力・工夫の足りない面も多々あろうかと思われます。そこでサービスの質の向上を目指し、入居者様が当施設に対しどのようにお感じになっていらっしゃるか、その全体的な傾向や個別的な事由を聞きとり、当施設のサービスの改善・向上に向けて、年に2回アンケート調査を実施しています。併せて、ご家族の方へもアンケート調査を実施しています。

 また、年に2回、6月と11月に、このアンケート調査報告も含めて、入居者、家族懇談会を開催しています。今年第2回目の懇談会を本日開催しました。  入居者、家族懇談会では、アンケート結果の報告及び今後の対応についてご説明させていただきました。また、第3者委員として活動して頂いております泉様、日高様にもご挨拶いただきました。

 

 入居者、家族懇談会終了後には、改めてご家族の皆様にお集まりいただき、食事の試食会を行いました。入居者様が普段どのようなお食事を召し上がっているのかを試食をしながらご説明させていただきました。  今後も入居者様、ご家族様、全ての人が『明星園で生活できてよかった。』と実感して頂けるサービス提供を目指し、精進してまいります。お忙しい中ご参加いただきましたご家族の皆様、第3者委員泉様、日高様に心より感謝申し上げます。(アンケート調査報告については、館内で閲覧できるようにしております。また、本ホームページの情報公開→苦情処理でご覧いただけます。)

東大宮小学校4年生訪問交流

 今日は、東大宮小学校4年生第1班が訪問交流に来て下さいました。生徒数も多いので、今日と来週20日(金)の2班に分かれて来園されます。

 今日のために一生懸命考えて下さった出し物を披露して下さり、入居者様も大変喜ばれました。

 終了後は、手作りのプレゼントを入居者様へ。そして、手遊びやおじゃみ、肩もみ等しながら入居者様と交流して頂きました。

 

 今後もお互いにとってより良い活動となるようお受入れしていきたいと思います。東大宮小学校4年生、引率の先生、ご訪問ありがとうございました。

介護の日記念職員研修会

 当施設では、年間を通して、職員の要望等を把握し、外部、内部研修計画を作成しています。今日は、介護の日も記念した職員研修会を開催しました。

 『介護技術向上のための勉強がしたい!』との要望が多くあったため、前回も好評だった、宮崎県介護福祉士会が行っている講師派遣出前講座を依頼し、最新の介護技術指導を実技中心に勉強させていただきました。

 理解していたようで実際にできていなかったことや福祉用具の活用、入居者様の状況に応じた介護技術指導等、実際の介護現場に生かせる内容で大変勉強になりました。お忙しい中、講師に来て下さった介護福祉士会専任講師2名様、ありがとうございました。

 様々な技術が目まぐるしく進化していく今、介護の世界においても例外はなく、制度や技術が新たなものに変わっていきます。ゆえに、日々、自己研鑽や研修等で知識を修得しなければ時代に取り残されてしまい、その結果、生活されている入居者様に満足して頂けるサービスの提供が出来なくなってしまいます。今後もこのような研修を積み重ねてサービス向上に努めていくことを誓い合った介護の日でした。

清武中央保育園との交流会

本日は「清武中央保育園」の園児たちとの交流会を行いました。園児たちの元気な歌やダンスを披露していただいたり、肩たたきや小物入れのプレゼントまでいただきました。なかには最後のあいさつで「また来ていいですかー」と元気に言ってくれる園児もいて、職員としても嬉しく思いました。清流園が現在の松ノ木田に移転するまでは積極的な交流があったのですが、移転後はなかなか距離的なものもあり交流会の実施までできていませんでした。今回の交流会をきっかけに世代間交流の輪をさらに広げていけたらと感じております。

ガールスカウトとの交流会

ガールスカウト第15団の皆様との交流会がありました。今回は小学校1年生から6年生までの子たちが来てくださり「手旗信号」を披露していただいたり、一緒に歌を歌ったり、最後は入居者の皆様の肩たたきまでしてくださいました。梅雨時期で外に出る機会も少なくなる中このように交流のために清流園まで来ていただけることは本当にありがたいことだと思います。入居者の皆様も「ひ孫くらいじゃが~!」と大変喜ばれていました。

七夕交流会

清流園は同敷地内に「宮崎市立清武幼稚園」と「きよたけ児童クラブ」が併設されており、向かいにある福祉サービス事業所「じょいすてっぷ」と4事業所で「ふれあいの里」として世代間交流を深めております。今回は毎年恒例の清武幼稚園との「七夕交流会」を実施しました。園児たちが清流園の入居者に作り方を聞きながら、一生懸命作って「できたー!!」と嬉しそうに見せてくれる様子にはとても元気をもらえたのではないでしょうか。これからも「ふれあいの里」を中心に外部との世代間交流を大切にしていきたいと思います。

市民一斉清掃

入居者の皆様と市民一斉清掃に参加してきました。地域の一員として清流園の周辺から松ノ木田公民館までゴミ拾いや草取りを行いました。地域の方たちとあいさつを交わしながらのゴミ拾いは清掃というよりも散歩の延長といった感じで楽しく有意義に参加していただけたのではないでしょうか。

誕生会

本日は4月と5月にお生まれになった入居者の皆様の誕生会を行いました。ちなみに今回の誕生者の平均年齢は83歳と清流園の中ではお若い方になります。余興には清武にて民謡や舞踊にて活躍されてます「コスモス会」の皆様に来ていただきました。次の誕生会までの一年間、ますますお元気にそして健やかに清流園での生活を送っていただければと思っております。

実習受入施設として

清流園では定期的に地域の学校等からの実習や体験学習を受け入れています。今回は5月11日~5月22日まで宮崎学園短期大学から2名の学生が「介護福祉士」の資格取得を目指して実習に来られました。実際の高齢者福祉の仕事をイメージしていただけるよう日常の業務だけでなく、施設行事等にも一緒に参加していただきました。職員が実習生に教えるだけでなく、私たち職員も実習生の素直な視点から学ばせて頂くことがたくさんあります。これからも実習に来た学生に福祉の魅力を感じて頂けるようなより良い実習受入施設を目指していきたいと思います。

グラウンドゴルフ大会

毎年恒例の「清流園グラウンドゴルフ大会」を実施しました。五月の過ごしやすい陽気の下で入居者の皆様と一緒に身体を動かしました。シルバーカーや車いすを利用されている方も職員がお手伝いさせていただきながら参加され楽しまれたのではないでしょうか。

あくまきつくり

清流園では入居者の皆様と一年を通して様々な行事を行っております。 今回は5月の節句にあわせて「あくまき」を作りました。灰汁に浸したもち米を竹の皮で包み、大釜で2時間じっくり煮たら出来上がりです。 おやつの時間にきな粉をまぶしていただきました。

鯉のぼり

幼稚園・児童クラブ・清流園共同のグラウンドに鯉のぼりを泳がせました。鯉のぼりは幼稚園・児童クラブの保護者の皆さんから寄贈して頂いたものです。 すくすくと育つ子供達の元気な姿を見て、清流園の皆さんも元気をもらっています。

エンドウ豆収穫

清流園には畑があり、様々な作物を育てています。 今日はエンドウ豆の収穫をしました。皆で丁寧に さや から豆を外していきます。 夕飯は豆ご飯になる予定です。