きらめきブログ

ライトガーデン

 月に2階のお楽しみ『ライトガーデン』へ参加しました。今月は、3階の入居者様が参加されています。

 今日は、サックスの生演奏もあり、おいしいケーキとコーヒーを飲みながら、音楽と楽しい会話を楽しみました。

 また、いつもウェイターとして活躍して頂いている方もいらっしゃいます。ウェイター姿もカッコいいですよね。

カラオケクラブ

 今日は、月に1回のカラオケクラブを実施しました。

 歌好きな方の多く、自分の歌を一生懸命歌われていました。

 大きな声で歌うことは、ストレス発散にもなるようで、終了後は、皆さんいい笑顔で居室へ戻られていました。

ぜんざい会

 今日は、毎年12月に来園して頂く『愛夢の会 様』のぜんざい会が開催されました。

 寒いこの時期に、素材にもこだわった手作りのぜんざいを入居者様に食べて頂き、心も体も温まってもらいたいと毎年お越しくださいます。

 入居者様も毎年の訪問を心待ちにしており『今年も食べれて良かった。2杯も食べてしまった。』等々大変喜ばれています。

 師走のお忙しい時期でのご訪問、本当にありがとうございました。

救急救命講習

 毎月、職員の要望等を参考にしながら、職員研修会を開催しています。

 私達の施設は高齢者施設ですので、急変される入居者様が必ずいらっしゃいます。その時に、慌てず、適切な対応ができるよう年間通して様々な研修を行っています。今回は宮崎市消防局が実施している『宮崎市消防局出前講座~救命入門コース~』を依頼し、宮崎市北消防署東分署署員の方にお越しいただき、講義と実技の研修を開催しました。

 心肺蘇生やAEDについては、頻繁に実践することではないため、繰り返し訓練し、使用方法等を身につけていくことが重要です。特に、昨今はAEDの設置個所も増え、AEDによって命を救われた方も多くいらっしゃいます。

 せっかくこのような仕事に従事している我々ですので、普段の生活の中でも傍観者にならずに、急変された方がいらっしゃれば、自然と身体が動くぐらいに訓練していきたいと考えています。

 お忙しい中、ご協力いただきました宮崎市北消防署東分署 様大変にありがとうございました。

運営会議

 今日は、月初めの運営会議を開催しました。

 各職種からの懸案事項やこれからの事業運営について、各部署の責任者で会議を開催しています。

 貴重な時間を使用しての会議になりますので、時間を無駄にしないよう『会して議し、議して決し、決して行ない、行ってその責を取る』会議となるよう各職種責任感を持って業務に従事していくことを確認し合いました。

クリスマスイルミネーション

 近隣にあるフローランテのイルミネーションも毎年盛大に開催され、もう間もなく始まりますが、当施設でも毎年イルミネーションを設置し、入居者様や地域の皆様に喜ばれています。

 

 今年も本日点灯式を行い、きれいなイルミネーションが点灯しました。寒い日が続きますが、優しい光を見ていただいて、少しでも心が温まってもらえたら嬉しいです。

12月になりました。

 この前のブログで『あと〇か月』と書いたような気がしますが、あっという間に今年も最後の月を迎えました。年齢を重ねるごとに月々日々の速さを感じますが、それだけ充実した毎日をすごしている証拠なのかな?と勝手に思い込んでいます。

 つい「忙しい」と口にしがちです。しかし、外資系企業のトップを歴任した人の近著の中で積極的な言葉への言いかえを勧めています。『忙しい』は『充実している』と自ら励ますように。他にもあります。『うまくいかない』→『成功の途中だ』。『嫌い』→『魅力を発見しよう』。『時間がない』→『時間を作ろう』。『疲れた』→『よく頑張った』等と。

 また、有名なマザーテレサの言葉にもこうあります。『思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。 行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。 習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。 性格に気をつけなさい、それはいつか運命になる。』と。

 自分の考え方ひとつで、人生や運命が決まっていくと考えると少し怖い気もしますが、確かにそうだと納得もできるのではないでしょうか?

 今年の締めくくり、来年の抱負を考える中での参考にしてもらえればと思います。  寒くなってきました。今年も寒さに負けず、年末の行事を入居者様と一緒に楽しんで『今年もいい年だった。』と笑顔で話せる年越しを迎えましょう!!

前浜地区・5施設(みんせんかん・阿波岐原病院・そらのクリニック・皇寿園・明星園)合同防災訓練

 毎年、年に1回、前浜地区と周辺施設が合同で防災訓練を開催しています。

 周辺施設5事業所が主催者となり開催していますが、今年は、みんせいかん様が担当施設として開催しました。

 災害時は、地域の皆様や近隣の事業所等との連携が重要です。今後ともこの訓練を通して、交流を深め、災害時に備えていきたいと思います。ご協力ありがとうございました。

学習塾

 今日は、学習塾を開催しました。

 皆さん一生懸命取り組まれています。いくつになっても勉強しようという向上心を持つことが、長生きの秘訣かもしれませんね(^_^.)

ライトガーデン

 今月2回目のライトガーデンへ参加しました。

 おいしいケーキとギター演奏に癒されながら、ゆっくりとした時間を過ごして頂きました。

炊き出しを実施しました。

清流園では万が一の事態に備えて食料や水等の備蓄をしておりますが、9月の防災月間にちなみ、その一部を実際に使いながら入居者の皆様と共同で炊き出しを実施しました。

箱飯を作っています。水を入れるだけでご飯ができる保存食です。この一箱で成人50名分のご飯ができます。

外では豚汁を作りました。見学者も多く賑やかに作りました。

出来上がりです。非常時の食料になりますので見た目は質素ですが、味はなかなかで何より入居者の皆さんで作ったということで一層おいしく感じたのではないでしょうか。

敬老祝い金

宮崎市より80歳の方と88歳の方を対象に敬老祝い金が贈呈されました。清流園では今回7名の方が対象となり、職員も改めて皆様の長寿と健康を嬉しく感じたところでした。

地域ふれあいコンサート

清流園では毎年この時期に「地域ふれあいコンサート」を実施しております。「アカデミック・ブラス・アンサンブル」の皆様においでいただきまして、金管楽器の生演奏をして頂いております。クラシックから高齢者にも親しみのある楽曲、テレビでよく聴くような流行の曲まで様々なアレンジでの演奏を披露してくださいました。夜の公演でしたが、入居者の皆様も大変喜ばれていらっしゃいました。

園内喫茶「海の家」

夏も終わりに近づいていますが、まだまだ暑い日が続きます。清流園では入居者の皆様に最後の夏を感じて頂こうと園内喫茶「海の家」を実施しました。かき氷、フルーツポンチ、アイス等涼しげなおやつを海の家風に提供させていただきました。実習に来られていた宮崎大学医学部の学生さん達にも参加していただき、入居者の皆様も大変喜ばれていました。

賞を頂きました。

7月に開催された「平成27年度 九社連老人福祉施設協議会職員研究大会」において清流園からも事例を提出させていただきました。「助けて!どんげしていいかわからん!!」という題目で、認知症を持つ方へのケアについての発表をさせていただきました。その結果・・・。なんと奨励賞(2番目の賞です)を頂くことができました。惜しくも優秀賞は逃しましたが、職員の日頃の努力を認めて頂けたということは非常に嬉しく、今後の大きな励みとなりました。これからも職員一同、入居者の皆様のよりよい生活のために研鑽を積んでまいりたいと思います。

お盆の迎え火

今日から「お盆」ということで、ご先祖様やお亡くなりになられた近しい方たちが迷わずに帰って来られるように迎え火を実施しました。夕暮れ時の西日と松の匂いのする煙も相まって、どことなく感傷的でありながらほっこりするような気持ちで、入居者の皆様と一緒に手を合わせました。

お盆法要

もうすぐお盆を迎えるにあたり「お盆の法要」を行いました。清流園では毎年「春のお彼岸」「お盆」「秋のお彼岸」の3回、近くの松尾寺の住職さんに来ていただき法要をして頂いております。皆様が目を閉じ手を合わせる姿を見ながら、自分も亡くなった祖父母のことを思い出したりします。

法要のあとはお元気な方たちと一緒に、無縁墓地を参りに行きます。ちょうど曇り空で良かったと思いながら、お花とお水を替えてお線香をあげさせていただきました。終了後、参加していただいた方たちと一緒にラムネを飲んで「これでお盆を迎えられるね」と話しながら帰ってきました。

うなぎの蒲焼き

本日8/5は「土用の丑の日」ということで入居者の皆様の昼食にうなぎの蒲焼きをお出ししました。皆様に喜んでいただければと少し雰囲気を出して屋外で炭火焼きにて提供させていただきました。夏の日差しと炭火の熱で大変ではありましたが、終了後に「おいしかったよ~」「うなぎはあんまり好きじゃないけど今日のはおいしかったです」等声をかけていただき、頑張った甲斐があったと感じているところです。今日のうなぎで皆さんこの夏を元気に乗り切って下さい。

松ノ木田公民館清掃

本日は、地区の公民館清掃に行ってきました。日差しが強いため日陰から出ない範囲で参加させていただきました。夏祭りの直後ということもあり、地域の皆さんとも自然と会話をしながらの清掃となり有意義な時間を過ごすことができたのではないでしょうか。

第14回 ふれあいの里夏祭り

清流園のある「ふれあいの里」最大のイベントである「ふれあいの里夏祭り」を実施しました。今年で14回目を迎えますが、多くの地域の皆様にご来場いただき盛況のうちに終了することができました。入居者の皆様も賑やかな雰囲気の中、模擬店で買った地鶏やかき氷を食べながら満足された様子でした。宮崎市役所をはじめとする各関係機関、清武町内の福祉施設や学生の総勢100名を超えるボランティア、様々な形でご協力いただいた40社を超える企業の皆様、今年も多くの方々のご協力を頂きながら無事に祭りを終えることができました。本当にありがたく思います。皆様方のご協力にお応えできるよう、今後も地域に根付いた清流園を目指していきたいと思います。