きらめきブログ

養護県央ブロック協議会 「栄養士・調理員研修会」

本日は宮崎県内の県央・県南の養護老人ホームで構成されている「養護県央ブロック協議会」の「栄養士・調理員研修会」が清流園で開催されました。

清流園のような入所施設では各職種の人員配置というものがあり、配置基準が1名という職種も少なくありません。そんな中で様々な施設の同じ職種の方達とこういった形で集まるというのはとても貴重な機会です。研修会の中でも活発に意見交換がなされ、日頃業務で抱える悩みや新しい取り組みの情報提供等有意義な研修会となったのではないでしょうか。

高齢者にとって一日三食の食事は一番身近な楽しみだと思います。施設の中で当たり前に提供させていただいている食事ですが、その陰には各施設の栄養士・調理職員の皆様が入居者の皆様の嗜好や毎日の体調・健康状態等、集団給食でありながらできる範囲で個別に満足していただける提供の方法を考えていらっしゃるということを改めて感じたところです。