きらめきブログ

デイサービスセンターからのお知らせ

 日頃より、皇寿園デイサービスセンターに対しまして、ご利用の皆さまを始めご家族の皆様、関係機関の皆さまから温かいご支援とご協力を頂き、心からお礼と感謝を申し上げます。この度、平成28年4月1日付で管理者兼生活相談員となりました日髙啓之(ひだかひろゆき)でございます。

 福祉の世界に足を踏み入れて20年が過ぎました。その間、この法人でずっと仕事をさせていただいております。特別養護老人ホームにて介護士を2年経験し、その後、特別養護老人ホーム相談員を11年、養護老人ホーム相談員を約7年経験させていただきました。

 この福祉業界を取り巻く環境は、変化の連続です。平成27年度に行われた介護保険制度改正では、「地域包括ケアシステムの構築」と「介護保険制度の持続可能性の確保」を大きな柱として、高齢者が住み慣れた地域で生活を継続できるようにするため、介護、医療、生活支援、介護予防の充実に向け、新しい地域支援事業を実施することとしています。 また、新たに地域支援事業として、認知症初期集中支援チームの関与による認知症の早期対応・早期支援や認知症地域支援推進員による関係者間のネットワークづくり等が位置づけられるほか、方針として在宅医療・介護連携や地域ケア会議の推進、生活支援サービスの充実・強化等が示されています。

 このような中、管理者兼生活相談員というかじ取りを仰せつかり、その職責の重大さに戸惑っていますが、今までと変わらず、職員一丸となり、ご利用の皆さまが、健康で笑顔いっぱいで生活が出来る支援に努めていきます。また、地域に根差した施設作りを実現するため、そして、前管理者が築いてきた施設運営を見習いながら、微力ではありますが、努力してまいりますので、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたします。【平成28年4月1日 管理者兼生活相談員 日高啓之】