きらめきブログ

宮崎市 平成27年度 社会福祉施設等指導監査

 本日は、お忙しい中、宮崎市長寿支援課職員4名にお越しいただき、事業運営が適切に行われているか指導監査をお受けしました。

 指導監査の基本的な考え方は『①指導監査は、厚生労働省から発出された指導監査に係る処理基準、技術的助言その他必要と認める規定に基づき実施する。②明解で透明度の高い指導監査とするため、指導監査の根拠規定を明確にするとともに、当該規定の内容を法人・施設に明示する。③指導監査の重点事項の確認を徹底する。その上で、不適正な運営の認められる法人・施設に対しては、継続して指導監査を実施し、必要な改善措置を講じる。④社会福祉法第75条、社会福祉法人指導監査要綱の制定について(平成13年7月23日付け雇児発第487号等厚生労働省雇用均等・児童家庭局長等連名通知)2(9)の趣旨に基づき、指導監査結果の積極的な公表を行う。』となっています。

 このような考えを基本に、施設内や関係帳票類を確認して頂きました。指摘事項もなく適正に運営がなされているとのお言葉も頂くことができました。これを励みに、今後も公的な仕事に従事している責任と自覚を持ち、入居者様に安心して生活できる施設となるため精進してまいります。