きらめきブログ

柚子湯

 明日は『冬至』です。日本では、江戸時代頃より冬至に柚子を浮かべた湯舟に入浴する習慣があるそうです。「ゆず湯に入れば風邪を引かない」と言われています。冬至の日において、柚子湯を用意する銭湯もあります。冬至と柚子との関連は必ずしも明らかではないそうですが、柚子湯の習慣は銭湯の登場以後のことであり、一説に湯治(とうじ)と冬至(とうじ)との語呂合わせで、身体息災であれば融通(ゆうずう)が利くとのこじつけであるといわれているそうです(ウィキペディア参照)。

 明日は、入浴がないため、本日、入居者様には柚子湯を楽しんでいただきました。「香りがいいね。」「あったまるわ。」等々喜んで頂けたようでした(写真は、入浴中ですのでNGでした(+o+))。