きらめきブログ

感染症予防講話

12月も近づき感染症が流行る季節ですので、入居者の皆様を対象に「感染症予防講話」をさせて頂きました。主にインフルエンザとノロウィルスについて、感染予防と感染拡大防止についてのお話をさせて頂きました。

予防に一番大切なことはやはり「手洗い」です。手には多くの菌が付着するため30秒くらいかけて丁寧に洗うことが大切です。また、手指のアルコール消毒も1ml程の薬液では50%の効果しかなく、3mlになると98%と本来の効果がでます。感染拡大予防については、体調不良は速やかに職員へ申し出て頂くこと、疑わしい状態になった際には居室にて安静していただくこと、下痢症状や嘔吐物等をご自身で処理しないことをお願いさせていただきました。職員だけでなく、入居者の皆様と一緒に感染症予防に取り組んでいきたいと思います