きらめきブログ

事故委員会

 今日は、事故委員会を開催しました。

 当施設では、ヒヤリハット報告書、事故報告書を活用しています。仕事中に、ヒヤリとしたりハットしない人はヒヤリハット報告が出せない・・』という笑い話がありますが、ヒヤリハット報告が多い事業所は、それだけサービスに対する問題意識を持って仕事をしているスタッフが多いということです。『事故報告書、ヒヤリハット報告書が少ない事業所は優良な事業所だ』という人もいるかもしれませんが、どれだけ多くの気付きや対策をとっているかの証だと思えば、そうも言えないのではないでしょうか?

 介護事故報告書とともに、ヒヤリハット報告はどうあるべきか、何を報告させ、小さな気づきのできるスタッフをどのように育成していくのか、また、あがってきた報告書をどう活用していくか、今後もこの事故委員会で検討していきます。