きらめきブログ

マイナンバー制度

 2016年1月より、いよいよマイナンバー制度が始まります。マイナンバー制度は、住民票を有する国民一人ひとりに12桁の個人番号(以下、マイナンバーという)が付番される番号制度のことを指し、2016年1月以降は、社会保障・税・災害対策の行政手続きを行う際にそのナンバーが必要となります。

 マイナンバーについては、本年10月に市町村から直接、本人の住所へマイナンバーが記載された通知カードが送付されることになっています。もうすぐです(-_-;)。そのため居住地と住所地が異なる場合は、住民票を変更するなどの対応をするようにしておきましょう。

 同時に、事業者等がマイナンバーを含めた特定個人情報の漏えい、滅失、毀損の防止、その他の適切な管理のために、基本方針の策定や、取り扱い規定等の策定など、安全管理措置を講ずる必要があるとともに、従業者に対しては、マイナンバー通知カードの厳重保管を行うように注意喚起しておく必要があります。

 この制度は、すべての国民と企業に影響があり、それは介護事業者も例外ではなく、制度施行前に対応を行わねばならないことも少なくはありません。当法人におきましても規定の整備や安全管理等対応を協議し、準備を進めています。

 皆様方、特にお一人暮らしの高齢者の方などは『なんじゃこりゃ?こんなもん必要ないから捨てとこ・・。』となって絶対に処分したりしないよう注意が必要です。マイナンバーの取り扱いについては、くれぐれもご注意ください!